« モンスターハンター4『終了解禁』 | トップページ | 女性バリスタ切間美星「珈琲店タレーランの事件簿」 岡崎琢磨著・宝島社文庫 »

2013年10月19日 (土)

『隻眼の少女』麻耶雄高著作のダブルミステリ賞受賞作品!!感想・紹介!!

この前『隻眼の少女』(文春文庫)を読みました!

麻耶雄高さん著作。

日本推理作家協会賞&本格ミステリ大賞 ダブル受賞作品です!!

隻眼の少女 (文春文庫)


~導入のあらすじ~

因習深き寒村で発生した連続殺人。
名探偵だった母の跡を継ぎ、古式ゆかしき装束を身にまとい、御陵みかげが事件の捜査に乗り出す。

第一部『一九八五年・冬』・第二部『二〇〇三年・冬』に分かれています。

第一部は普通の探偵小説のような感じになっています。

しかし,じけんは解決しておらず,第二部に突入します。

第二部では探偵の娘が登場。
親子2代に渡る探偵物語です。



犯人はちょっと無理があるような設定な気がすくけれどもーそこは1985年という設定があるからなのかなーと思います。

犯人は意外だけれども,整合性を見つけていけばわかります。

評価の高い人と低い人に分かれていますね。
低い人は納得できるかどうかということみたいです。

意外性,トリック,スゴイところはいっぱいあります!

これはもう!読むしかないです!!

電子書籍もでています。

ペーパーレスですねー

隻眼の少女[Kindle版]


それでは(*´-`*)ノ

←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

« モンスターハンター4『終了解禁』 | トップページ | 女性バリスタ切間美星「珈琲店タレーランの事件簿」 岡崎琢磨著・宝島社文庫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1768244/53657104

この記事へのトラックバック一覧です: 『隻眼の少女』麻耶雄高著作のダブルミステリ賞受賞作品!!感想・紹介!!:

« モンスターハンター4『終了解禁』 | トップページ | 女性バリスタ切間美星「珈琲店タレーランの事件簿」 岡崎琢磨著・宝島社文庫 »

無料ブログはココログ